見沼代用水とは?

埼玉県を縦断するように流れる農業用水路「見沼代用水」の概要
見沼田んぼの散歩道
見沼田んぼの散歩道TOP | 見沼田んぼの基礎知識 | 見どころ&お奨めスポット | 見沼田んぼの散歩コース

見沼田んぼの散歩道 > 見沼田んぼの基礎知識 > 見沼代用水とは?

見沼代用水とは?

見沼代用水は、江戸時代(享保年間)にそれまでの見沼溜井に代わる農業用水の供給施設として、利根川の水を利用するために新たに開削された用水路です。

その流れは、埼玉県行田市にある利根大堰から取水され、県東南部・東京都足立区にかかる約60kmを埼玉県を南北に縦断するように流れています。

現在はこれらの地域に農業用水を供給している他、荒川連絡水道専用水路を通じて用水の一部を荒川へと送り埼玉県及び東京都の水道用水としても利用されています。

見沼代用水周辺には、緑のヘルシーロードや、水と緑のふれあいロードを始め数多くの公園等が整備され、散歩コースとしても最適なものとなっています。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2006/10/01 Copyright (C) ina. All Rights Reserved / コスメ