片柳の筆塚

当家は片柳村の名主を務めた家柄です。 江戸時代後半の文化文政期に出た守屋巌松斎(...
見沼田んぼの散歩道
見沼田んぼの散歩道TOP | 見沼田んぼの基礎知識 | 見どころ&お奨めスポット | 見沼田んぼの散歩コース

見沼田んぼの散歩道 > 見沼田んぼのお奨めスポット > 片柳の筆塚

片柳の筆塚

当家は片柳村の名主を務めた家柄です。

江戸時代後半の文化文政期に出た守屋巌松斎(本名は藤内)は、華道(正風遠州流)の大師匠として活躍しました。
また、書道にも秀でていました。

巌松斎は、華道の門人を日光御成道・中山道沿いに獲得しました。
その数三千五百人余といい、関東一円は申すに及ばず、遠くは越後国(新潟県)から入門する者がありました。

天保四年(1833)に巌松斎法眼一チョウと称したことから、門人に「○松斎○一○」の斎号を与え、勢力を拡げていきました。

大宮市内には丸ヶ崎にガ松斎、島町に薬松斎らが輩出、正風遠州流をさらに広めていきました。
現在でも埼玉県内に○松斎の号を持つ人が多く、「松連」と呼んでいますが、「松」が巌松斎の松であることはいうまでもないことです。

境内には、天満宮・筆塚・花塚・歌碑・燈籠など巌松斎の事蹟を伝える資料が保存されています。

※ 案内看板より引用

«萬年寺 ←前の記事  次の記事→ 見沼通船堀&見沼通船堀公園 »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2006/10/01 Copyright (C) ina. All Rights Reserved / コスメ