氷川女体神社

氷川女体神社は、県内屈指の古社で大宮氷川神社とともに武蔵国一宮といわれてきた。社伝では、崇神天皇の時につくられたと伝えられています。
見沼田んぼの散歩道
見沼田んぼの散歩道TOP | 見沼田んぼの基礎知識 | 見どころ&お奨めスポット | 見沼田んぼの散歩コース

見沼田んぼの散歩道 > 見沼田んぼのお奨めスポット > 氷川女体神社

氷川女体神社

氷川女体神社は、県内屈指の古社で大宮氷川神社とともに武蔵国一宮といわれてきた。社伝では、崇神天皇の時につくられたと伝えられています。

祭神は奇稲田姫命で、大己貴命と三穂津姫命が合祀されています。

大宮の氷川神社(男体社)、旧大宮市中川の中山神社(簸王子社)とともに見沼とは深い関係にあり、祭礼の「御船祭」は見沼の船上で行われていました。
しかし、享保十二年(1727)に見沼が干拓され、これに代わって出島で「磐船祭」が行われるようになりました。

この氷川女体神社には、鎌倉、室町時代の社宝が多く、三鱗文兵庫鎖太刀(国認定重要美術品)、牡丹文瓶子(埼玉県指定有形文化財)、大般若波羅密多経(同)、神輿(同)は特に著名です。

江戸時代には社領50石が寄進されており、現本殿は徳川家綱によって再建されました。
また、境内の社叢は、浦和市指定天然記念物であるとともに埼玉県のふるさとの森として保護されています。

※ 氷川女体神社内の案内看板より

«見沼見晴公園 ←前の記事  次の記事→ 氷川女体神社磐船祭祭祀遺跡 »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2006/10/01 Copyright (C) ina. All Rights Reserved / コスメ