神明社

神明社には、御嶽社と八雲社と合祀されており、境内には「箸立て伝説」のある大きな杉の古木があり「土呂の大杉」と呼ばれていました
見沼田んぼの散歩道
見沼田んぼの散歩道TOP | 見沼田んぼの基礎知識 | 見どころ&お奨めスポット | 見沼田んぼの散歩コース

見沼田んぼの散歩道 > 見沼田んぼのお奨めスポット > 神明社

神明社

神明社は、明治の初頭までは小さな祠でしたが、明治6年に村社となり明治13年に今日のようになったそうです。

神明社御嶽社と八雲社と合祀されており、境内には「箸立て伝説」のある大きな杉の古木があり「土呂の大杉」と呼ばれていたそうですが、今は立ち枯れてしまい切り株だけになっています。

箸立て伝説

土呂の大杉に関する伝説で、源義経が奥州に帰る途中に食事をした際、その箸を突き刺したのが成長し「土呂の大杉」となったといわれる伝説です。

«見沼緑道 ←前の記事  次の記事→ さいたま市市民の森/リスの家 »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2006/10/01 Copyright (C) ina. All Rights Reserved / コスメ