木曽呂の富士塚

木曽呂の富士塚は、地元で「ふじやま」または「木曽呂浅間」と呼ばれ、寛政12年(1800年)に富士講の一派である丸参講の信者蓮見知重の発願によって、見沼代用水と通船堀の連結点の縁に築造されたものです。
見沼田んぼの散歩道
見沼田んぼの散歩道TOP | 見沼田んぼの基礎知識 | 見どころ&お奨めスポット | 見沼田んぼの散歩コース

見沼田んぼの散歩道 > 見沼田んぼのお奨めスポット > 木曽呂の富士塚

木曽呂の富士塚

富士塚は富士山を模して築造した塚で、江戸高田の行者藤四郎が、老若男女だれでも心やすく富士に登山できるようにと、安永9年(1780年)高田水稲荷の境内にこれを築いたのが始まりです。

木曽呂の富士塚木曽呂の富士塚は、地元で「ふじやま」または「木曽呂浅間」と呼ばれ、寛政12年(1800年)に富士講の一派である丸参講の信者蓮見知重の発願によって、見沼代用水と通船堀の連結点の縁に築造されたもので、高さ5.4m、直径20m、塚全体が盛土で築かれています。

頂上には、お鉢巡りができるように火口が掘ってあり、又、今日では入り口が埋没していますが、塚を貫いて胎内巡りの穴も設けられています。

胎内くぐり富士塚社殿

富士塚の麓には、文化2年(1805年)造立の蓮行知道居士(蓮見知重)の碑があり富士塚築造の由緒が刻まれています。

木曽呂の富士塚は、数ある富士塚の中でも古い築造で、特に埼玉県下のものでは最も古く庶民信仰の様相を示すものとして貴重な存在です。

«水神社 ←前の記事  次の記事→ 川口自然公園 »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2006/10/01 Copyright (C) ina. All Rights Reserved / コスメ