芝川

埼玉県桶川市からさいたま市・川口市を流れる「芝川」の概要と歴史について
見沼田んぼの散歩道
見沼田んぼの散歩道TOP | 見沼田んぼの基礎知識 | 見どころ&お奨めスポット | 見沼田んぼの散歩コース

見沼田んぼの散歩道 > 見沼田んぼのお奨めスポット > 芝川

芝川

芝川(しばかわ)は、埼玉県の中央部を南北に流れる荒川水系の一級河川です。

芝川の概要

芝川は桶川市内の湧水を源流として東南へ流れ、さいたま市の見沼田んばを通る。
ここから南へ流れ川口市と鳩ヶ谷市の境あたりで旧芝川と新芝川に分かれ、川口市南端の荒川水門で再合流し、荒川(荒川放水路)に注いでいます。

芝川の歴史

もともとは、さいたま市東部に存在した見沼に注ぎ、見沼から流れ出て荒川に注いでいた川が芝川の原形です。

江戸時代のはじめに関東郡代の伊奈氏によって見沼溜井として利用されていた見沼が、1728年に干拓されて見沼田たんぼになると、排水路として見沼田んぼの最も低いところが開削されて、現在の芝川の河道となりました。

さらにその下流も改修されて、芝川は江戸と干拓地を繋ぐ通船路としても用いられました。

別名、悪水、見沼中悪水といわれたそうですが、ここでの悪水は汚い水の意ではなく農業用水でない水という意です。

近代には荒川放水路掘削に関連して下流に手が加えられ1954年に新芝川放水路が作られましたが、町中を流れるため水質が悪く、近年は清流を復活させるため様々な努力が行われています。

芝川と遊歩道

芝川の八丁堤よりも上流部には、川沿いを歩ける一連した遊歩道はありません。
舗装と未舗装を繰り返しながら、所々に散歩道があるといった感じです。

一方、埼玉県川口市から東京都足立区に続く八丁堤よりも下流の部分には、芝川サイクリングロードが整備されており川沿いをのんびり散歩することが可能です。

«さいたま市市民の森/リスの家 ←前の記事  次の記事→ 大和田公園 »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2006/10/01 Copyright (C) ina. All Rights Reserved / コスメ